この窓から見える景色

~ 目指すぞ!エッセイスト 60からの挑戦の道 ~

2021-03-18から1日間の記事一覧

愛を測るものさし

学生時代、障害児ボランティア一筋だったので 灰谷健次郎さんの本は、私にとってカンフル剤だった。 だれもしらない 作者:灰谷 健次郎 メディア: 単行本 まりこが一日のうち、外へ出て歩くのは、四百メートルほどだ。八時四十五分きっちりに通学バスがくる。…