この窓から見える景色

~ 目指すぞ!エッセイスト 60からの挑戦の道 ~

姉、犬を飼う

 

 

姉は2つ上。

高校の国語の教師をしていた。

テニス部の熱血顧問でもあった。

 

60歳で定年を迎え3年目だ。

何かと思うところもあるだろう。

親の介護や、自分たちの老後や。

 

そこにコロナで、可愛くて素直で頭が良くて

性格も良くて足も長い妹も押しかけて来れない。

 

 歳をとると、姉妹は良い理解者同士。若い頃より。

 

 

そこで、かどうか、犬を飼うことにしたそうだ。

昨日ブリーダーさんから、早速動画が送られて来た

とラインで見せてくれた。

 

 

f:id:Tenebo:20210218120045p:plain

 

 

 

夫婦して、目に入れても痛くないくらい可愛がる様が

目に浮かぶ。

 

 

愛する、誰かを守るという力は、強い。底力だ。

 

幼児の時の写真記憶だけど。

母と私達4人兄弟で、東京で電車に乗るところ。

母は弟を背負い、兄と一緒に泊まっている電車に乗り込む。

私と姉は手を繋いで、3人の後を行く。

が、階段を登り切ったところで、発車のベルが鳴り出して

しまう。

 

母は死ぬほど焦っただろう、瞬間目の横に、

電車を止めんばかりに必死の形相で、ドアを押さえて

娘二人の名前を叫ぶ母の顔を見た。

 

 

昨日は、おじいさんの自転車転倒事故に何も出来ずに

落ち込んだ。

 

そういえば、子育ての頃はどこにでも、駆け込めたよなぁ。

夜に熱を出した。

砂利道で走って転んで膝をかぱっと切った。

関節が外れた。

 

理不尽な担任の態度が許せず、

低血圧で朝が苦手にもかかわらず

ノーメイク、ボサボサ頭で

朝の職員室に文句を言いに行ったことも。

 

 

 

姉のところの可愛いわんちゃんを見て

愛の強さを思い出した、そんな今日。

 

 

姉も、薄ぼんやりとした閉塞感から

きっと抜け出せると確信して

嬉しかった。