この窓から見える景色

~ 目指すぞ!エッセイスト 挑戦の道ブログ ~

最高の「お疲れ様」

先日駅で最高の「お疲れ様」を見た。

 

駅のスタバへ行くために、車を駐めて駅構内に入って行くと、同じように20代後

半のGパンの男の人が、改札の方に向かって歩いて行く。

と思ったら、前方に何かを見て軽く柱に隠れるので、「何?」と気になってその方

向を見ると、髪の長い、淡い色のコートの女の人が、スマホを見ながらうつむいて

こちらへ歩いて来る。

そーかと私が察すると同時に、柱からひょっと顔を出した男の人が「お帰り。お疲

れ様。」って嬉しそうな笑顔。

 

若いって素晴らしい。まるでCMだ。

 

若い頃の話なら、私だって愛され武勇伝のネタには事欠かない。

しかし、実際今となってはそうはいかない。

必死の子育て期間が終わると、「男女のサガの違い研究会」だ。

 

まず、その口論が男女のサガの違いによるものだと気付いてやっと修行が始まる。

それまでに数年かかる。

 

 

昨日のことだ。かかりつけの鍼の先生にいい話を聞いた。このご時世、共働きの先

生のお宅の夕食はワタミのお弁当にしているとのこと。栄養バランスが良く、美味

しいとのこと。

団塊世代の男性がよし、と認めるんだ。うちもいける、そうしよう。やったー!や

ったぜ!

 

主人は家の近くでガソリンスタンドをしているので、昼食も帰って来る。自粛で外

食もない。私も自営で学習塾をやっていて、この昼食、仕事、夕食が、ハッキリ言

ってしんどくなっていた。怠け者なんで。

 

夜。切り出す。リビングでキッチンに背を向けてゲームをしている主人に。

返事は即答で「なんで」。これはクエスチョンではない。私の地方では、語尾を強

めて発音する。抗議だ。

意外だった。主人は分からず屋の部類ではあるけど、家事には熱心に(神経質に)

協力してくれる。

そのあとは、理由にならない何かを並べていた。今、又吉直樹さんの小説を読んで

いるんだけどあんな風に上手く、主人のこの感情を表現できたらいい。

 

私は了解した。

あっさり了解して、いつものようにスネもしない私に主人は「あれ、今日はポジテ

ィブだね」と言った。

 

主人が、私の食事でなきゃ嫌だと言いたくて言えないのが伝わってきて、かえって

嬉しくて可愛かった。

昼食の時、ユニフォーム姿で、かつ丼をむさぼり食う、キッチンに向けたその背中

が「うめー、」と物語っている。

 

 

お互い、いろんな鎧をぬいで、そっと寄り添いあえる年寄りになりましょう。

 

さあ、今日はおでんにしようかな。仕込みにとりかかりましょう。

 

 

 

 

 

 

そっと、子どもの背中を押す言葉

新学期が始まった。

 

寒い日の寒くなる夕方から子ども達が集まって来る。

お正月の間、毎日ステイホームでのんびり過ごしていたであろう子ども達に、学校

からの帰宅後に再びお勉強をするよと言って高いモチベーションで臨む子ども達に

は、私の方が感心する。もちろんそうでない子も多い。

 

 

ここ数年、塾は最盛期を過ぎて下り坂にあり、迷っていた時期がある。

このまま本当に落ちぶれてしまいたくない。その前に見切りをつけようかと。

しかし「私の塾」は、呼吸をしている生命体のように、25年、どんな時も私と共

にあった。

 

 

 

実際”最近の子”がわからなくなることはしょっちゅうだ。

「勉強って辛いだけのものだと思うの?確かに回りは楽しいことで満たされている

ものね。」私は彼らに”勉強がわかる”という喜びを与えられているのか。

シンプルに「私はあなたの役に立ってるのか」と聞きたくなる。

 

 

1月最初の小4の授業の時のことだった。気分屋さんが多く、乗ると目を見張る程

の理解力を示すが、やる気がない時は締まらないというカラーのクラスだ。

この日は締まらない方だった。私も焦る。追い立ててしまう。そのうち女の子がボ

ソッと言った「早く帰りたい。早く帰ってゲームしたい。」

 

それを聞いて、私はよくやることだが、素を出してみた。「ねえ、みんな先生の悩

み聞いてくれる。人生相談。」全員が身を乗り出して来た。そうゆう子達だ。「先

生さあ、誰かのためになりたくてこの仕事してるんだけど、結局ゲームなのかな?

この世の中みんなを幸せにするのはゲームなのかな?」それは違うよ、と口々に言

い出した。「じゃあ、みんなは何をしたら人の役に立つと思う?」これはマジな質

問だ。聞かせて欲しい。

 

先ず、野球少年が口をきった。「野球やスポーツでいいプレイをして、みんなを感

激させる」次に真剣な顔で「ゲームクリエイターになる」と男の子が言った。「そ

れももちろんいいよね」と私が言うと、最初の女の子が「けど、ゲームが増えると

お母さんが悲しむ」と挟んだ。大きなウェイブが起こったのは、部屋の隅の方から

「コロナをやっつける」と別の男の子が言った時だった。みんなが口々に声を上げ

だした。医療崩壊とか細菌の研究とか聞こえた。「よし、わかった。ありがとう。

参考になったよ。じゃあ続きやろうか。」と促すと、見違えるほどにピカピカだ。

やる気を出した。

 

 

 

 

一度真剣に塾をしめようと思った時がある。投げやりではなく、潮時だと感じた。

お休みの日の教室にひとり座ってそう思った時、「私の塾」の呼吸が聞こえた。

それが「私の塾」が生きていると感じた瞬間だった。何故か胸が熱くなるほど感謝

の気持ちが湧いてきた。一緒に歳をとって来たねと思った。私を育ててくれてあり

がとうと思った。「簡単にやめちゃダメだね」と「私の塾」に、心で言った。

 

 

私がこの仕事をするのは、やりたいことをやっていたいからだ。

子ども達に、やるべきことのレールを引くのではなく、やりたいことへ勇気をもっ

て進めるよう、そっと背中を押す言葉をかけてあげられれば、冥利に尽きる。

そこに喜びが見出せなくなったら、それが潮時だ。

 

 

 

 

 

 

労働の対価に何が欲しいか

ヤツ(息子 30代)はなんで、定期的に「仕事なんか辞めたい」と言うのか。何

か為になる事言ってあげたいと思うのだけど。「主夫で許されるのなら喜んで」と

言う。教育関連の出版社に居るのだけれど、問題はそこではないらしい。

 

 

「ラーメン屋さんとかで、子どもが玩具貰うんだけど、あれってありがとうって言

わせるべきなのかなぁ。お金払ってるし、その上ありがとうって言ったら負けた気

がするんだよね」彼の発想はちょいちょいユニークだ。私なんか、ありがとうの大

安売りしちゃう。

 

 

いやでも、私はちゃんと「有り難い」と感じてると思う。

店員さんでもいろいろだけど。神対応を経験したことがある。

7~8年ぶりに入ったミスタードーナツで、何も言わないのにお水を出してくれ

た。「お水が欲しいの覚えて下さってたんですか?」と聞くと「はい。氷なしでし

たよね」と。全く感激だった。

 

 

お仕事は、受ける側のカスタマーとしては、本当に感謝だ。時短ばかりで、外食難

民になった夜型夫婦の私達に、サッと夕食を出してくれるココスの人。大晦日や元

日も働いてるレジの奥さん。有り難い。(行動範囲が狭いので、、、本当はもっと

もっと)

 

 

ある夜、NHKの”逆転人生”を見ていた時のこと。

心臓に重い病気をもった2歳の女の子。アメリカで心臓移植を受けられるようにな

るまでの、ご両親と支援者の皆さんの奮闘のエピソードだった。

いよいよ移植を受けにアメリカへ向かう医療用ジェットの中で、意識が朦朧として

いるその女の子の腕に、ぬいぐるみが抱えられていた。つらい闘病生活を、このぬ

いぐるみが励ましたのかなと感じた。そのぬいぐるみは、息子の会社のキャラク

ーだった。

 

働くって夢がある。いい仕事してるよ。あなたは。

「この窓」からはそう見える。

 

 

少なくとも私自身、労働の対価に何が欲しいかと聞かれたら、暮らしていける程の

お金と、生き甲斐と思えるような手応えだと答えると思う。

だから働いている人達に、私が欲しいと思う手応えをあなたにも僅かでも返そう

と、ありがとうって言うのだと思う。

 

 

労働の対価に何が欲しいか。それによっては、世界の見え方も変わるかもしれな

い。人の数だけ答えがある、おもしろい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじわるなぞなぞ

12月のある日、塾(自宅で学習塾をやってます)の始業前、早めにやって来た小3

の男の子が「先生、クイズだすよ。」と言ってきた。手に持っているのは、数年前

から塾の図書コーナーに買っておいてある あそびのたからばこ⑮ いじわるクイ

ズ だ。

 

子ども達に人気の本だが、買って直ぐのころにも、小1の女の子に出題され、数問

連続不正解で、元来負けず嫌いな私は、「なんだそれ」とやや逆ギレ気味に、授業

の準備が忙しいんだよ的な雰囲気を醸して退散した。何が悔しいって、その答は、

あながち「あほくさ」と言いきれない「確かにさようでございます」としか言いよ

うがない。

苦い思い出だ。

 

 

なにー!!それは あの、、、、いや、今の私はあの時と違う。北村良子著 多角

的思考力を鍛える55の論理パズル と 論理的思考力を鍛える33の思考実験

 を読んで論理的思考の修行をしたんだ。望むところだ、かかってこいや!

 

 

問題 たろうくんは30階建てのビルから飛び降りたのに、どこもケガをしなかったんたんだって。いったいどうして?

 

よく考えろ。全ての情報を冷静に処理しろ。だれも自殺とか言ってないし。屋上の

光景からはなれるんだ。わかった「一階から飛んだ」

「正解!」

 

 

問題 朝7時に東京駅を出発した新幹線のぞみ。2時間後にはどこを走ってるかな?

 

これはごっつぁん問題だ。さっきと同じく情報をもっともらしく並べて、真面目に

考えさせてしまおう作戦だな。そうはいかない「線路の上」

「正解!」

 

 

問題 下の絵を見ている人は全部で何人?

 

絵画の前に大人3人、子ども2人、犬1匹か。ここに来て子ども向け足し算問題な

わけないし。まして犬は人ではありません的なおちなはずもない。冷静に状況を判

断するんだ、わかった「この本読んでる君自身も含めて6人」

「正解!」

 

 

問題 しゃけのおにぎりが3こと、たらこのおにぎりが5こあるよ。ぜんぶあわせるといくつかな?

 

他の子達もやって来始めて、みんな集まってきた。「なになに?なにやってん

の?」「なぞなぞ」「えー、もう一回読んで」ヤバい、誰より早く答えなけれ

ば、、、。「はい!」「はい、先生」「全部のおにぎりをあつめてまとめたら大き

な1個」

「正解!」「すごーい」「すごーい、先生」ふふん。

 

 

問題 下の(絵)そっくりな二人は、同じ両親から生まれて、生年月日も同じ。でもふたごじゃないんだって。いったいどうして?

 

問題 あめ玉が10個あるよ。これを4人で分けるにはどうすればいいかな?

 

 

上の答えは、ふたごじゃなくてみつご。下の答えに至っては、適当に分ければ良

い、だ。確かに、どちらも間違ってない。必死に考え過ぎて行き過ぎて迷子にな

る。

 

 

問題 地球上で最後に生き残ったただひとりの男がいるよ。地球上にはもう動物も虫もいないのに、ある日男の住む家のドアがノックされたんだ!さて、ドアをノックしたのはいったい誰かな?

 

はい、来た。情報を雑多にして惑わす作戦。「はい!」「はい、先生」「女の

人!」「正解。先生はもうダメ。答えないで。みんなにだすよ」「ねえ~、先生は

伊達にみんなの先生してないんだよ。論理的思考って本をいっぱい読んで勉強して

いるからねー」

って、あんたら聞いてないんかい!

 

 

 

いかがだろうか。案外ひとの悩みって、このひっかけクイズのような面があるので

は?とかく私達は情報過多の中で迷子になりやすい。脳が初期段階で描いたイメー

ジがロックオンされ、それを正当化しようと考え過ぎてしまい、抜け出せなくな

る。

今一度悩んでいることの、内容、情報を整理して、考えが行き過ぎて出口を失って

いるのではないか、精査してみてはいかかだろうか。

 

 

 

 

 

踏み出したい。踏み出せ。いやもう、踏み出してる。

 

なんとか2021年元日という、サクッときりの良い日のうちに、このブログ立上げ

というイベントを船出させたい。ささやかではあるが、私にとって大きな一歩を今

日中にやり遂げて、やったぜと小さく拳を上げて達成感を得ると同時に、やろっか

などうしようかなぁというグダグダな退路を断ちたい。

 

 

私は学習塾を経営して25年にもなるというのに、人付き合いが苦手だ。

大袈裟な話ではないが、HSPの傾向があると思う。

人と会う約束をするだけで、何日後、と数えては疲れる。反面共感覚が高く、直ぐ

に目頭を熱くして、妙に熱血な人間になる。

だから私は仕事以外は、「座布団の上」で過ごしているのが良い。手の届く範囲に

必要な物を置いて、いい感じに過ごすのである。午後からは、熱血人間のスイッチ

をつけて子どもたちの前に立つ。

 

 

そんな私にも、コロナショックはてこの作用となった。お尻をもちあげても良いか

と思いだした。先ずは、不謹慎だけど、自粛期間を謳歌した。動画を見て感心し、

読書三昧で知識を得た。しかしながら、そのうち沈み始めた。そこはHSPの共感力

か知らないけど、巷の情報に無意識にブルーになっていた。そこで無性に窓が欲し

くなった。景色のいい窓。お誕生日に主人に「プレゼントは窓が欲しい」と言った

のは冗談だけど、心の中で本気なんだよーと半ベソかいていた。この衝動わかって

くれる人がいらっしゃったらお友達になりたい。

 

 

妥協案として、我が家の中で、最も景色の良い窓の、最も良いアングルを探し、そ

こに心地良い椅子を奮発して買ってセットして、とりあえず毎日そこで読書してた

ら、なんとなく気持ちの虫が納得した。「座布団の上」からの昇格である。

 

 

私は、まあそんな人間だと思ってきた。「友達」と言う感覚を欲しないし、外へ出

るのも一苦労。(学習塾も自宅です)そんな人間という認識にこの先も大きな変化

はないと思うけど。しかし変わったのは、社会が変ってきてるんだ、と気付いたこ

とだ。

 

 

家にばっかり居て、家が大好きで、外を見るのは「この窓」からだけ。

そんなタイプの人間でも社会に発信していいんだ。

「この窓」からこんなの見えたよ、あんなの見えたよって。

 

 

私は、実際これまでに、子ども関係の仕事しかしたことがなく、会社という荒波

(想像)に揉まれたことがない。だから所詮私の考えや感じ方は「私の窓」から見た

景色にすぎないだろう。そうして今までは、そっと一人で思っていた、いろいろな

ことを。

 

 

最近知った。考えに正解も不正解もないし、発言するのに自信の有無は必要ない。

こんな私の考えが世間様に通用するわけがないって、先ず”通用”させる門はどこに

あるのか。”評価”する審査員はどこにいるのか。

 

 

発信してみます。踏み出してみます。。。この椅子から動かないけど。でもどこか

に繋がるかもとロマンをもって。よろしくお願いします。