この窓から見える景色

~ 目指すぞ!エッセイスト 60からの挑戦の道 ~

おすすめ記事

優しい人

私には、兄がいる。確か4歳違いの64歳。 子供の頃、両親から“ダイちゃん“と呼ばれていた兄は、成長とともに無口で、全く何を考えているのか謎すぎて、近寄り難い人になっていった。 きょうだいの3番目に生まれた私が物心つくまでの約10年間、極貧と社会性に…

かわいい大人の女性であるために

今週のお題「わたしのプレイリスト」 私は、女性として『かわいい』と言われたいか『綺麗』と言われたいか、なら『かわいい』と言われたい。 人生で過去最高に嬉しかった『かわいい』は。。。 数年前、温泉の脱衣所での出来事。 私と同じタイミングで浴室か…

琵琶湖一周サイクリング

※この記事は『新しい朝が来た』『ありがとう。』の続編です。 よかったらこちらからご覧ください。 tenebo.hatenablog.com tenebo.hatenablog.com 初夏の風が吹くと、 40年前働いていた児童養護施設の調理室の勝手口から外に出た時、すーっと顔を撫でていく…

ヒーローになりたい

今週のお題「やる気が出ない」 ※この記事は以前も書いた、息子と仕事のお話です。 tenebo.hatenablog.com 先日、寝苦しく明け方まで寝付けなかった。 諦めてタブレットとイヤホンを取って来て、横で寝ている主人を起こさないように、そっと川上ミネさんのピ…

ありがとう。

※この記事は、『新しい朝がきた』の続編になります。 tenebo.hatenablog.com 1980年代、空前の好景気バブル時代に入るちょっと手前。 私達はそれぞれの道に就職した。 主人は家業を継ぐ時の修行にと、関連する業種の営業職に就いた。 私は、学生時代に全力を…

アリもキリギリスも

主人とドライブをしながら、小田さんのDVDを見た。ゲストで出てきた財津和夫さんの名曲『不思議な黄色い靴』を二人でハモっていた。 休憩で入ったカフェで、「あの曲聴くと高校の文化祭思い出すんだよね。」と、主人がしみじみ話し出した。 文化祭のクラスの…

一期一会

今日出先の帰り道、立ち寄ろうと予定したカフェに、2軒もフラれた。予想より閉店が早かった。でも、珈琲がどうしても飲みたくて、一か八かで立ち寄った店が素晴らしかった。 大きな窓から、お城が見える。 店内は人が少なく落ち着いている。流れているBGMも…

新しい朝がきた

主人と休みの朝恒例のスタバへ行った。 日曜日とはいえ毎週末一緒に過ごせるわけではない。 主人は本当に走り回ってる人だ。 何ヶ月に一度、今朝のようなひと時が訪れる。 二人で、力まずに、けれど普段は話さないようなお互いの想いを語り合う。 私は、自分…

手をたずさえて

最近主人が忙しすぎて、身体が心配。 帰宅が連日日付を跨いでいる。 なのに、ご飯を食べたら、ひとしきりゲームをしなければいけないらしく、もう口出しもしないけど、明け方に就寝することがしばしばあるらしい。 「俺はショートスリーパーだから、4時間寝…

大人だって、そんな時あるんだよ。

ウルトラマンS (孫4歳)は、カッコいいんだよね。 楽しく幼稚園に行って ご飯のお手伝いもできるし みんなを楽しませてくれる。 ウルトラの妹が (生後4ヶ月)泣いてると、ヨシヨシしたり、 抱っこしてあげたり 絵本を読んであげたりするんだよね。 でも、 …

8割の哀しみ 2割の哀しみ

※今日はショッキングな事件に触れることになり、重い内容の記事になります。それでも、私の人生の大切なエピソードなのでまとめてみようと意を決しました。苦手な方にはごめんさい。 今日は雨の日曜日。 主人と二人、朝食を食べに出る。 先に運転席に居る主…

私の娘の話

今日、娘が結婚記念の写真を撮る。 入籍は昨年11月で、コロナもあり、両家両親と2人の6人で食事をして祝った。 今日の撮影会も、コロナで2人以外はお断りとのこと。 *** 娘がまだ3歳の頃の印象的な一コマがある。 主人、息子、4人でファミレスで日曜日のモ…

みなさんに感謝。

20日の祝日から、3月いっぱい春休みをいただいている。 受験生を無事送り出し、年度の変わり目ということで、恒例の長期休みだ。 例年だと、この長いお休みを無駄に過ごしたら後悔するぞという強迫観念に追い込まれ、毎日何かしなきゃ、とワタワタする。 今…

空気を読まずに生きてきた

私は、以前このブログでも紹介させて頂いた 占いサイトプルモアによると “大樹“のカテゴリーにハマる。 tenebo.hatenablog.com 私は、この判定をとても気に入っている。 自分にしっくりくる。 子育ての中でも、この“大樹“感をガンガン出していた。 自分の中…

親と子と

親と子の人間模様の舞台と言えば蕎麦屋だ! ったと思う。 『一杯のかけそば』ブームは1988年だったらしい。 私にも『一杯のかけそば』時代があった。 当時子育て中で、収入は主人の稼ぎだけだった。 買い物の時は、予算内で買えてるか レジ前で確認する程慎…

ちょっと変わった父ですが。

今週のお題「告白します」 これが私の父です。 「これが、私の両親です」と紹介すること自体 若い頃は 結構勇気のいる告白だった。 なんせ仙人のような、構わない格好をしている。 私が父を紹介するなら まず、笛と太鼓ができることからだ。 出雲の神社の神…

言葉の花束

私の娘は31歳。 昨年嫁いで行きました。 大人になって、母の私より社会性が広がり、 考えも、独自の世界観を持つようになって。 でも、何故か私(母)のことを話す時 切なく目に涙を浮かべる......なぜなの。 それに答えてくれた日のメールは 私の宝物です。…

「クソババア」と言われた件

小4の女の子に「クソババア」と言われた。 25年の塾の歴史の中で二度目だ。 一度目は10年くらい前か。 何かのご褒美に、中学生のクラスに 「アイスクリーム買っておいたよ」 と言って冷蔵庫に取りに、部屋を出ると、 嬉しくて調子に乗った男子が 「早く持っ…

大人のスキル

今日起こった出来事を 日記として留めておこう。 私は、今日も車を走らせてカフェに向かっていた。 片側2車線、中央分離帯のある国道だった。 歩道に自転車のおじいさんが倒れていた。 今日は風が強く煽られたのだろう。 あっと思っても車を止められなかった…

私の母は、小宇宙

私の母は、陶芸家だ。 これは母が焼いた。 撮るセンスが悪くてごめん、母。 珈琲になってしまいたいぐらい、自称珈琲好きの私が 色々試して、これで飲むのが最高と太鼓判を押す。 コーヒーが滑らかになるし、口触りも良い。 母によると、神様の土で焼くから…

人を探しています  続編

実はこの話には続きがあります。 tenebo.hatenablog.com あの不思議な手紙、画像には写さなかったけど 商品申し込み用の切り取り線付きハガキがありました。 その葉書には、修正テープが貼られてあったのです。 どういうことだろうねー と興味を持った主人が…

人を探しています

人を二人探しています。 一人目は、以前駅の構内で、突然私に話しかけて来たあなたです。 小柄で、年齢は50代。 おとなしそうで、普段から目立つのは苦手という感じの女性で。 その日も、いかにも品の良さそうな帽子をかぶってらして お顔はあまりよく見えま…

この占い本がおもしろい

私は無類の占い好きだ。 節操がないと言われるかも。 手あたり次第やりたくなる。 著者 岡田斗司夫氏は大阪芸術大学の教授で、講義の際に使っていた 学生に大人気の占いとのこと。 質問に答えて型が判明すると、型ごとの詳細な解説がついており 後半はそれぞ…

温かい彼の話

彼と言うのは、私の甥っ子で、弟の息子だ。 彼は、もうアラサーだ。 自閉症だけれど、訳あって関西で逞しく一人暮らしをしている。 2〜3歳の時に自閉症と診断され、小学生の時に親子で 私達を頼って近所に引っ越して来た。 楽しかった。 彼は夕食の後、自作…

上手くいかない日、ありがとう

朝起きて、しばらくしたら 石油ファンヒーターが、ボンといって 二度とつかなくなった。 仕事の電話も、嬉しくなかった。 今日の占いを見ると51点。 この気分の裏付けが取れたようで そこは満足。 こんな日はカフェに行く。 コーヒーを飲みながら、小田さん…

労働の対価に何が欲しいか

ヤツ(息子 30代)はなんで、定期的に 「仕事なんか辞めたい」と言うのか。 何か為になる事言ってあげたいと思うのだけど。 「主夫で許されるのなら喜んで」と言う。 教育関連の出版社に居るのだけれど、問題はそこではないらしい。 「ラーメン屋さんとかで…

踏み出したい。踏み出せ。いやもう、踏み出してる。

なんとか2021年元日という、サクッときりの良い日のうちに、 このブログ立上げというイベントを船出させたい。 ささやかではあるが、私にとって大きな一歩を今日中にやり遂げて、 やったぜと小さく拳を上げて達成感を得ると同時に、 やろっかなどうしようか…