この窓から見える景色

~ 目指すぞ!エッセイスト 60からの挑戦の道 ~

みなさんに感謝。

 

20日の祝日から、3月いっぱい春休みをいただいている。

受験生を無事送り出し、年度の変わり目ということで、恒例の長期休みだ。

 

例年だと、この長いお休みを無駄に過ごしたら後悔するぞという強迫観念に追い込まれ、毎日何かしなきゃ、とワタワタする。

 

今の私にはブログがある。楽しい。ハマりすぎだ。マズイぞという後ろめたさもある。皆さんの記事を読んだり、自分のを読み返して反省会をしてると、あっという間に時計の長い針が回る。ヘタをすると、この長期休みずっとこれやってるんじゃないか。小学生の夏休みで言うなら、8月3日あたりの登校日の前夜の、「えー、もう8月!でも、まだ3日だし。」というところだろうか。

 

実際、今日の予定は4月の授業計画を作る日、と数日前から決めていた。とりあえず、朝食のパンを食べて、んじゃ珈琲のもっか、って。じゃ飲む間だけ、とブログ探険を始めた。いや、天気もいいし、リアル散歩に行くべき、と白自分が促すのに、黒自分が私の指をタブレットの画面に運んでしまう。

 

そういえば、数年前のお正月。主人と大喧嘩をした。原因は主人のゲーム熱。私は、正義か否かが、人として最重要事項と思っていた。ゲームを知らない私には、ゲームは非正義!とにかく堕落していると映る。誰より身近で、大事な、私の旦那さんがゲームばかりしているのが悲しくてしょうがない。普段より時間のある正月休みになると、なんか口喧嘩になっちゃってた。その年は凄まじかった。その論理の筋は、はっきり覚えていないけど、「私にはゲームばかりのあなたが理解できない。まるでピンク色のスーツを喜んで着ている人のように、私の価値観から遠い。」みたいなことを言ったら、主人が「わかった、どちらか選べと言うのならおまえしかない。」的なことを言って、いきなり玄関へ行ってスマホをコンクリに叩きつけ「でも、俺は心の中で、ずっとピンクのスーツを捨てることはできないからな。」みたいなことを言った。ピンク愛好家の方には申し訳ありません。林家ペーパー子さん。そうして、その年の夫婦喧嘩劇場ースマホゲーム編ーは子ども達の連携で、父にスマホとゲームの継続設定がプレゼントされて幕を下ろした。

 

今、二人で黙々とタブレット向かっちゃっています。主人も、しめしめと思ってるかもしれない。ゲームやりながら「今日のブログはどうだったぁ」とか、様子伺をしてくれる。やれやれ。20歳で出会って、大恋愛で結婚して、40年の歳月はお互いを空気のように居て当たり前の存在にしてくれるのですね。

 

 

今日は私の記念すべき?50本目の記事となりました。先輩方のブログを拝見しながら、自分のやりたいことを模索してみようと、今日はちょっと形式を変えて、チャレンジしてみました。また、英文法の記事もなんとか進めてみたいと、意欲を持っています。

 

こんなに楽しいのは、読んでくださる皆さんのおかげです。記事を公開して、しばらくすると、皆さんのスターが、「来ましたよ」と合図をくれる。もうアイコンでわかる方もあるし、あれどなただったかな、とアイコンにタップして、その方のブログに行って、そうでしたね、と。それを繰り返すうちに、アイコンとブログがマッチしていき、お友達が増える感じ。そこが何よりモチベーションになっている。

 

毎回読んでるよ、と言ってくれるお嫁さんと娘にも感謝。ありがとう。

 

今日も訪問してくださった皆さんに、心から感謝いたします。

ありがとうございます。

 

 

f:id:Tenebo:20210321235430j:plain